お葬式の前に

柏の家族葬の流れについて

◊柏の家族葬の流れについて知ろう

家族葬の流れは基本的に一般葬と同じです。

ただ、大きく違うのは”自由が利く”というところです。

「故人様との最後の時間をゆっくり過ごすことができます」

家族葬と一般葬の違いについて考えてみます。

♦一般葬と家族葬の葬儀の流れの違い

葬儀は、どのような流れで執り行われるのかを示したいと思います。

一般的に多いのは、故人様が亡くなった後に病院から葬儀社まで搬送し、ご安置されるケースです。その後、納棺し、通夜を行うのが一般的です。葬儀当日は、告別式後に出棺(火葬が先の場合もあります)、その後に火葬を行い、精進落としをするという流れです。

葬儀は、ご遺族だけでなく葬儀場のスタッフのサポートも万全のなかで行っていきます。ご遺族の中には精神的・身体的な負担を大きく感じてしまう方も少なくありません。

家族葬は、ご遺族の希望に合わせて比較的自由に葬儀を執り行うことができるといった特徴があります。お迎えや安置などがあるのは変わりませんが、ご遺族の希望に合わせて通夜式や告別式を行っていくため、一般葬と比較すると心身面のご負担を大幅に軽減することができると思います。

♦家族葬は必要なことだけを取り入れたオリジナルなお葬式

以前は、ご家族様やご親族様だけでなく親しい方や会社の同僚、近所の方など、故人様が生前に関わりのあった人たちを葬儀に呼ぶことは当たり前でした。しかし時代は変わり、お葬式の形はよりオリジナル豊かになりつつあります。

これまで参列者に気を遣い、ゆっくりと故人とお別れする時間を持つことができなかったというご遺族も少なくありませんでした。しかし、家族葬という新しい形のお葬式が当たり前になったことで周囲への気遣いを減らしてゆっくりと故人様とお別れの時間が持てるようになったのです。

家族葬は、ご家族やご親族のほかにも親しい方など、気遣いをすることなく接することができる人のみで葬儀を執り行う新しいお葬式のスタイルです。通常であれば参列者に失礼がないように香典返しや葬儀の準備に力を入れるなど、ご遺族は気を抜くことはできませんでした。

大切な人を亡くしたばかりで心の余裕がない中、忙しく葬儀の準備をしなければいけないのは大きな悩みになってしまうでしょう。

しかし、家族葬は、そんなご遺族の悩みを解消して故人に寄り添いながら温かく送り出すことができます。もちろん、最小限にまで無駄を省いたお葬式を執り行えるので、心身共に負担を軽減しながら故人様とお別れの時間を持つことができます。

♦柏市では家族葬の柏斎苑が人気の理由

昨今、家族葬が当たり前になった中、柏市でもシンプルな家族葬が人気を集めています。ご遺族だけでなく生前にご本人から家族葬の相談を受けるケースも増えています。柏市にある家族葬の柏斎苑では、家族葬に特化したサービスや式場を提供しているので、安心して相談し、葬儀をお任せいただけます。

費用の悩みを解消して故人を送り出したいという方のために火葬のみを行うプランもご用意しています。火葬式だけを行うプランについては、13万円からのリーズナブルなお葬式ですが、故人様のお迎えから安置を行い、その後、火葬を執り行うというものです。

通夜や告別式を行わない分、ご遺族の費用負担を軽減することにつながります。ご遺族の負担になりがちな通夜や告別式といった、一般的な葬儀の流れを省いたことでリラックスした気持ちで故人様とお別れできることもメリットです。

当社では、故人様はもちろんのこと、ご遺族に寄り添ったサービスを豊富にご用意しています。葬儀の企画を故人様やご遺族の希望に合わせてじっくりと行っていくだけでなく、アフターサービスも充実しています。

葬儀の負担を大幅に減らして故人様を温かい気持ちで送り出したいという方は、柏市(新柏・高柳)にある当社にぜひご相談ください。

↓家族葬に関するご相談はコチラから↓

事前相談ご予約