よくある悩み

感染症対策(参列者)

一年前では、仏様の前でマスクをしたまま手を合わせることはご法度でした。しかし、コロナ禍におけるお参りでは、マスクをしたまま参列をされるのがマナーになりつつあります。加えて、ご自身の体調が優れないときには「参列を控える」という判断をされる方も多いです。日本人らしい相手様を想う心の現れだと思います。参列の日程をずらしたり、参列に代わり供花や弔電にて偲ぶ方もいらっしゃいます。

柏斎苑の各会館では、ガイドラインに準拠した感染症対策を講じております。安心で安全な葬送なお時間をご提供してまいります。

もしご不安な点や確認したいマナーなどありましたら、お気軽にお問い合わせください。