グリーフケアとは

大切な人と死別した者に対して、その喪失から回復する過程において生じるさまざまな問題を軽減するために行われる援助のこと。

グリーフケア=遺族ケア、死別ケア

死別とは

絶対に再会することがかなわない事実です。
(配偶者の死、友人の死、両親の死、ペットの死)

心情的な特徴
 ・恋しい、むなしい
 ・疎外感が生まれる
 ・うつ的な不調により元気が出ない
 ・頑張らなければと強く思う

遺族へのグリーフケア

悲嘆心情の経過


人間は、不測の事態に備えることは苦手であり、本質的にできない。

悲嘆心情の経過
喪失の心情 悲嘆のプロセス
『喪失』
心に侵入し、脳裏に焼きつくような悲しみ
故人との絆や結びつきの断絶を感じる
生活再建に向けた変化への拒絶、回避




『再建志向』
立ち直りに専念
新しいことを手掛ける
新しい役割や関係性を築く

しかし、悲嘆のプロセスを定義づけたとしても、100%純粋な感情が現れることは、まずありません。
そして、激しい感情の一つが怒りです。

 ・早く異変に気づけばよかった
 ・なぜ医者なのに治せないんだ
 ・もっと優しくしてあげれたのに
 ・なぜうちの子でなければいけなかったのか

愛する人の死はひどく不公平に感じます。よって、頭では理解しても不条理な怒りが生まれるのです。
さらに、苦悩や幻滅といったことが心や頭から離れなくなり、疎外感やうつ的な不調へと繋がっていきます。

自分で自分をどうにもできないといった状態
 ・援助の手
 ・儀礼としての葬儀

葬儀→心の区切り

 ・死をはっきりと認識することは悲嘆の回復において重要
 ・「葬儀」を見送る人々のために行うという視点
 ・「亡くなった人について語り合える場」としての空間

時が経過すれば、亡くなった人への悲しみをあらわにしたいという気持ちは薄らいでいきます。
しかし、「その人を愛する気持ち」や、「その人がいなくてさみしい」が薄らぐということではありません。

気力と共に他の感情が戻り支えとなっている
自分には力があるという感覚を取り戻す!

最後に複雑な悲嘆について・・・

悲嘆の程度期間が、通常の範囲を超えて、社会的機能が阻害され、臨床介入が必要になった状態。

判断の基準(以下のうち、4項目以上が該当し、それらが6カ月以上継続)
 ・死の受容ができない
 ・他人を信用できない
 ・苦痛や怒りが度を超えている
 ・変わることに抵抗がある(新しい友人や興味など)
 ・人から分離している
 ・故人なしでは、意味のない人生である
 ・この先の未来はわびしさしかない
 ・ビクビク、イライラしている